Global Food Value Chain Latin America
ログイン

GFVC推進官民協議会とは

1 グローバル・フードバリューチェーン(GFVC)の構築

(1)フードバリューチェーンの構築とは

  • 農林水産物の生産から製造・加工、流通、消費に至る各段階の付加価値をつなぐことで、食を基軸とす る付加価値の連鎖をつくること。
  • これにより、フードバリューチェーン全体、構成する生産者、製造業者、流通業者、消費者により大きな 付加価値をもたらす。

(2)GFVC構築を通じた食産業の海外展開

  • 世界の食市場は拡大を続け、2030年における世界34カ国・地域の飲食料市場規模は1,360兆円(2015年 の1.5倍)に増加し、このうち中国やインドを含むアジア地域の市場規模は800兆円(2015年の1.9倍)に拡大 すると見込まれる。(農林水産政策研究所推計(平成31年3月))
  • 増加する中間層・富裕層等の食生活の変化に伴い、「新鮮」、「安全・安心」、「高品質」など高付加価値な 食品への需要が高まる一方、その供給に必要なFVC構築のための様々な技術・ノウハウは不十分。
  • 日本の「強み」である様々な食関連の技術・ノウハウを活用したグローバル・フードバリューチェーンの構 築を通じ、我が国食産業の海外展開を戦略的に推進することで、巨大な海外需要の獲得を目指す。

2 グローバル・フードバリューチェーン(GFVC)推進官民協議会の設置

2014年6月、産学官が連携し、フードバリューチェーンの構築を通じた日本の食産業の海外展開を推進す るため発足(設立時のメンバー数は77社・団体)。

メンバー数: 602社・団体等 (2020年10月1日現在)

  • 民間企業(474社)、関係機関・団体(72社)、学識経験者(22人)、地方自治体(27)、関係府省(7)が参加。
  • 農業生産者から流通、外食、金融企業など川上から川下まで様々なセクターの企業等が加入。
    (グローバル・フードバリューチェーン推進官民協議会メンバー一覧表(2020年6月18日時点)はこちら)

主な活動内容

1.FVC構築に関する情報収集・分析・共有・発信

協議会、地域別部会、分野別研究会、地方セミナーなど、民間企業の皆様の関心等を踏まえ 様々な会合を開催し、情報提供を実施

過去に実施した地域別部会等
  • ASEAN(・豪州)、インド、アフリカ、 ロシア、中南米
  • IT農業、コールドチェーン、ハラール、輸出環境整備 国際水準、海外への輸出・投資に関する規制緩和、 農業機械等

2.二国間政策対話等への参加

官民参加の二国間対話、フォーラム、官民ミッ ション等を通じて、日本企業の参画によるFVC 構築を相手国政府・民間企業と議論

これまでの官民参加による対話実施国
  • ASEAN
    ベトナム、ミャンマー、タイ、 インドネシア、カンボジア、フィリピン
  • 南アジア
    インド、ネパール(官民ミッション)
  • アフリカ
    ケニア、南アフリカ
  • ロシア・NIS
    ロシア、ウズベキスタン
  • 中南米
    ブラジル、アルゼンチン
  • 大洋州
    豪州(官民ミッション)

3.民間企業の皆様への支援

農水省及び政府関係機関が実施している 様々な支援メニューを紹介。また、海外展開に 関する相談の対応

支援の例
  • 農林水産省補助事業
    業化可能性調査
    専門家の派遣招へい
    連携先の開拓等を支援、等
  • 政府関係機関支援ツール
下記のリンクの登録フォームより登録が可能です(登録料・年会費等はなし)

https://www.contactus.maff.go.jp/j/form/kokusai/kokkyo/gfvc_registration.html